どきどきとっきーのぶろぐ

tokitaro.exblog.jp

リアルで起こった事やその他ゲームなど。気ままに書いていこうと思っています。

ブログトップ

【第49回 RSP in 白金台】大塚食品/マンナンヒカリの25%カロリーカットごはん

今日和~。
今年、関東の梅雨入りがこの週末かと言われていた割に雨量が足らず・・・。
見送られてしまった挙句、平年より遅れそうだと天気予報で言ってますねぇ。
今年、水不足とかにならないといいのですが・・・。

と言うことで天気は心配ですが、本日も元気にまいりましょう!! (>w<)9

本日、ご紹介するのはこちら!!
(>w<)っ[大塚食品/マンナンヒカリの25%カロリーカットごはん!!]

皆さんは、マンナンヒカリと言う商品をご存じですか?
こちら、米粒のような形をした蒟蒻生まれの食材でして、ご飯と一緒に炊いていただきます。 d(>w<)
d0129601_236799.jpg

何と発売したのは20年程前と言うロングセラー商品なんですよ。

この商品の誕生した背景についてお話すると。
20年前のとある日。研究員の方が、アメリカ セントラルパークにてのんびりしていたところ、とある行動に目が行ったのだそうです。
それは、公園で鉄アレイのようなものを持って歩いている女性達。
何故なのかと疑問に思い質問をすると帰ってきた答えは・・・。



日々の食事のカロリーが気になるから、運動している。d(´・ω・`)
そんなことがあるのかと、この話を持ち帰ったのだそうです。

また当時、産婦人科の先生より妊婦さんの過度の体重増加や便通改善を食事で改善するものはないのかと相談を受けていたのだそうです。

この2つを経由して、食品会社として何か出来ないかと大塚食品さんは考えたのだそうです。
そして、注目されたのがこちら!!
(>w<)っ[蒟蒻!!]
蒟蒻は、低カロリーで食物繊維も含まれているので食事療法として日々の生活に取り入れることができるのではないかと考えたのだそうです。
ただ、蒟蒻を毎日食べ続けるのは、正直厳しい!!と研究員達の声が・・・。orz
確かに、蒟蒻料理と言っても・・・田楽やおでんとか、煮物とか??あまりレパートリーが出てこないですよねぇ。

そこで、何か食べやすいものにできないかと考えたところ、注目されたのがお米!!
お米の形をしたものを、お米に混ぜれば毎日食しても大丈夫と言うことでこの商品が誕生したわけです。

さて、以下の写真は、炊飯前後の米とマンナンヒカリの写真です。
d0129601_239236.jpg
マンナンヒカリの体積は、米の約半分。
これを炊飯器等で炊き上げると同じくらいの大きさに膨らみます。

この原理は、水分!
蒟蒻はお米より水分を多く含むことができます。
そして、水分はカロリーは0Kcal!!
この水分量でカロリーカットができると言う訳です。 d(`・ω・´)

お米茶碗一杯(約160g)のカロリーは、269Kcal程
同量のマンナンヒカリのカロリーは、168Kcal
ですので、茶碗一杯置き換えるだけで、約100Kcal程のカロリーを抑えることができちゃうんです!!
d0129601_2394022.jpg


さて、そんなマンナンヒカリより今回、電子レンジでチンするタイプを発売!!
一緒に混ぜるお米にも相当拘ったそうで、10種類以上の候補のお米より厳選し、『ゆめぴりか』を採用。
d0129601_23101979.jpg
こちらの『ゆめぴりか』、少し柔らかめのお米で、粒が若干大きく、甘味があるお米だそうで、マンナンヒカリとの相性がばっちりなのだそうです。

そして、炊飯するお水は、富山県立山連峰から流れてくる地下水を使用。
通常、お米は1時間くらいお水に浸漬させてから炊きあげるのですが、こちらの商品、2時間も浸漬させる等、お米だけでなく、お水、炊き方にまで拘り、マンナンヒカリを一番美味しく食べられる状態にしてあるそうですよ。

これが実際のご飯ですが・・・。
どれがマンナンヒカリで、どれがゆめぴりかなのか口に一粒ずつ運ばないと解らないw
(食べるとちょっと食感が違います。)
d0129601_23104764.jpg

ゆめぴりかの特性か、やはり少し柔らかめのご飯ですので、日本食にとても向いていますので日常使いとしてもOKです。

実際に試した人達からも同様の意見が。
チンするタイプのご飯は、非常食用と思われがちですが、それだけでなく、普段の生活に取り入れてもいいですね。
d0129601_23114463.jpg


さて、ここから少し硬いお話を。
今現在、日本人、2050万人の人が糖尿病の可能性があると言われているって知っていますか?
更にBMI(肥満度)と言う体格指数で男女別に見てみると、男性は3人に1人、女性は5人に1人が、25以上あると言われているんです。
d0129601_2332528.jpg
BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数のことで、『体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)』で計算できます。
そしてこの数値、以下のように分けられます。
 18.5未満:痩せ形
 18.5~25未満:標準
 25以上:肥満

さて、これで行くと、先程のBMI25以上の人を日本人口で換算すると、何と約1700万人もの人が肥満、若しくは肥満気味と言うことに!!

更に、このBMI25以上の方々に、減量は必要かと尋ねたところ。
何と、89.2%、1,500万人もの人が当たり前のように必要との回答が!!
d0129601_23144773.jpg
じゃぁ、ダイエットをしているのかと言いますと、先程の数値から見ても出来ていないと言うのが現状ですね・・・。 orz

ダイエットは色々と我慢・努力を必要としますので、どうしても始めるのに腰が重いとか、続かないというと言う人が多いと思います。

そんな時に、このマンナンヒカリを食卓にいかがですか?

ダイエット時の食事制限の際、ご飯のカロリーを減らしたいと思っている人が多いらしいのです。
d0129601_23153083.jpg


ちょっとダイエットの話しが出たので、ここからコツみたいな話をします。小難しいお話になりますが、参考になれば嬉しいです。
鬨も以前ダイエットをした過去がありますが、その時に一番にセーブしたのはお米等炭水化物と油です。

今はもう標準体重を気持ち下回るくらいまで落とせましたので、無事ダイエット終了、今現在リバウンドをしないように体重管理をしているだけなのですが・・・やはり未だにご飯は90g(151Kcal)位と抑えた日々を送っています。
カレーとかどんぶりの日とかでも、せいぜい食べても120g位。寂しい日々であります。
そのくらいお米ってカロリーが高いんですよね。
でも、このマンナンヒカリならば160gも食べられます。

てな訳で、最後にとある日の食卓を。
ご飯90gと160gだとこんなに変わるというところを写真にて感じていただけたらと思います。
d0129601_23185193.jpg
d0129601_2319396.jpg
何か、ブログに載せるから~と気張って日本食っぽいものを作ったら・・・茶色一食な食事に。
色気無くて、すみません。orz
色気はないですが、簡単に作った割にバランスはいいはずです。

ついでに、久々にカロリー計算をしました。
それぞれの内訳は以下の通り。
■ マンナンヒカリの25%カロリーカットごはん 168.00Kcal
■ 味噌汁(ワカメ)                   16.76Kcal
■ 豆腐入り玉子焼                  212.87Kcal
■ 大根と練り物の煮物               240.41Kcal
■ サラダ                         31.91Kcal
  
                     総摂取カロリー:670Kcal

これが、普通のご飯160gだったら269Kcalですから、ご飯が一番カロリーが高くなる訳です。
そして、総カロリーは771Kcal。

私の一日に消費されるカロリーは何もしない一日の場合、約1,750Kcalですので、総摂取カロリーがこれ以下であれば現状維持、又は痩せていくとなります。
※運動をして、消費カロリーを上げると言う場合もありますが、今は特別なことはしないと言う設定でお話を進めます。

さて食事内容の話に戻りますが、普通のご飯160gも食べていたら、この一食でその日の摂取可能カロリーの44%にもなってしまう訳です!!
でも、これをマンナンヒカリのご飯で計算をすると38%。
わずかな差では?と思うかもしれませんが、これ・・・結構大きいのですよ。

実際の数字で表しますと、これ以外に後2食残っていますが、1食辺りのカロリーは、
普通のご飯の場合  :490Kcal
マンナンヒカリの場合:540Kcal
あまり変わらないように思いますか?
朝食をトースト(8枚切)、ヨーグルト(プレーン100g)、珈琲を付けるとします。
これだけで、実は350Kcal。
と考えると、どうでしょう? 何も食べれなくなってしまうことが解ると思います。

ダイエットは、『いかに楽しく続けるか』です。
この様に日々の生活に、うまく取り入れていって、上手にダイエットをして、健康になっちゃいましょうね!! d(>w<)

※ダイエットの注意:総摂取カロリーが基礎代謝量を下回ると体に悪い影響が出るので、そこまでセーブするのはやめてくださいね。
私の場合、1,300Kcalです。これ以上は必ず摂取するよう心掛けています。d(>w<)
[PR]
by nonchan0417 | 2015-06-06 23:59 | ちょっぷる的懸賞日記 | Comments(0)