どきどきとっきーのぶろぐ

tokitaro.exblog.jp

リアルで起こった事やその他ゲームなど。気ままに書いていこうと思っています。

ブログトップ

【第49回 RSP in 白金台】明治/明治北海道十勝フレッシュ100

今日和~。
RSPレポート期限まで、あと数日であります。
なのに、まだ半分残っている始末・・・。あかん!!
と言うことで、本日からまた頑張りまっしょぃ!! (>w<)9

本日、ご紹介するのはこちら!!
(>w<)っ[明治/明治北海道十勝フレッシュ100]

まず、明治さんについて。
明治さんは、2009年に明治乳業と明治製菓が経営統合して出来た会社で、チョコレートからヨーグルト迄、幅広く食品を展開している総合食品メーカーさんであります。

そんな明治さんより、この度
20年ぶりに容器・中身を一新した生クリームが発売されました!!

d0129601_1817133.jpg生クリームと言えば、紙パックのイメージがありますよねぇ。
この北海道十勝フレッシュも然りで、20年もの間、この紙パックにて販売をしてきました。
これを今回一新!!
・・・売り上げが悪かったのかと言いますと、逆で寧ろ好評だったそうです。

では、何故今回、総リニューアルに踏み切ったのか。
それは生クリームの使い方にありました。 d(・ω・)



d0129601_18223878.jpg皆さんは、生クリームと言うと、どういう用途で使いますか?

調査をすると、クリスマス・誕生日等の晴れの日使いをすると言う意見がとても多く、普段ではあまり使っていないという結果が。

確かに、ケーキ作りではメインとなる生クリーム。
普段では使い切れないなんてこともあるので、そう頻繁に買うものでは無いかも・・・。

この声を聞いた明治さん。
折角の美味しい生クリームなので、是非普段使いして欲しい!!!
と言うことで、今回のリニューアルに踏み切ったのだそうですよ。

さて、では商品特長です。
(1) 乳脂肪分40%
料理家の方々等から意見を聞いたところ。
乳脂肪分45%前後 : しっかりとした風味特長より、お菓子に向いている。
乳脂肪分35%前後 : 素材を引き立てることより、料理に向いている。
このような差があり、それぞれ使い分けているのだそうです。

そして、元々の十勝フレッシュは乳脂肪分は47%と高脂肪分。
これを料理に使う時は35%のクリームと混ぜて使うとの意見が。

ならば、どちらにも使いやすいようにと乳脂肪分を40%に設定したのだそうです。
d0129601_18351975.jpg

(2) 明治独自の製法 ミルクの深み濃縮製法
料理・お菓子、両方に使えるようにただ真ん中を取っただけではありません。
『ミルクの深み濃縮製法』と言うものを使って、作っています。
これはNF膜濃縮と言う特殊な膜で商品を濾過し、それを北海道の工場で産地パックするという方法です。
d0129601_1836635.jpg

NF膜濃縮について少しお話をすると。
今までクリームにおいて注目されていなかったのですが、乳には本来、乳糖(乳らしい甘さ)とタンパク質(コク)があります。
それをナノフィルトレーションと言う特殊な膜にて濾過する方法です。
これにより、乳糖・タンパク質共に40%も高めることができ、乳本来の美味しさである深みのある味わいと、ミルクの自然なコクを実現することができたのだそうです。
d0129601_18415817.jpg

また、先程話した”乳脂肪分40%”にしたことによる、口当たりの軽さやすっきり感も加わり、非常にバランスのいい美味しさとなっています。

(3) 使いやすい保管しやすい新容器
以前より紙パックの容器が、少し衛生的でないと言う意見がありましたので、今回キャップ付きのスタンディングパウチに容器に変更!

キャップをつけることによって注ぎ口に手を触れる必要がないので衛生的に保管が出来ます。
パウチ部分は、注ぎ易さや持ち易さを考慮した形状となっています。
また、最後まで絞り出すことができるので無駄が無く、捨てる時にも便利です。
d0129601_18434910.jpg

d0129601_18425758.jpg新容器による不満点の解決評価をとったところ。
平均92.5%の人が改善されているとの高評価が!!

また、新容器によって使用シーンが広がるかとの質問に、78%もの人に支持をもらい、利便性・汎用性の高い商品と評価を受けているそうですよ。







さて、と言うことで今回、本気の現れか?!
要冷蔵商品だったのですが、2本もいただいちゃいました。
てな訳で色々使っちゃうぞ!!
まずはこちら!!
d0129601_1911256.jpgフレンチトースト!!
先日パン教室にてバゲットを焼いたんですよね。
ちょうどいいので、それを贅沢に厚切りにしてフレンチトーストを焼いてみました。
勿論、普通の食パンでもOKです。


まず、玉子と生クリームを混ぜ合わせた卵液を作ります。
卵液に生クリームを使うと味にコクがでて、滑らかな仕上がりになりますよ。


そこに厚切りにしたフランスパンを漬け込みます。
この際、きっちり卵液を吸わせてください。
軽く漬けるだけだと、芯の部分はただのパンになってしまいますのでw


フライパンに適量の油をひき、卵液に漬けたパンを両面焼けばできあがり!!
火加減が強いと芯が温まる前に焦げてしまいますので注意してくださいね。

今回これに、やはり先日作った苺のコンポートと。
別で泡立てておいた生クリーム(砂糖無)を添えてみました。

今は便利で『ミルクフォーマー』なんてものがあるんですよ。
これを使うと10gくらいの生クリームの泡立ても簡単にできます。
100円均一等で取り扱っていますので、持っておくと便利であります。(私はIKEAで98円で購入)

サラダと、気持ち野菜が少ないので野菜シジュースをつけてっと。
こんな朝食はいかがですか?
d0129601_1911328.jpg

夕食には、クリームパスタなんかいいですよね。
d0129601_1912975.jpgベーコンとアボカドのクリームパスタ
アボカドが結構ねっとりとした味わいなので、さっぱりとした味わいのこの生クリームがぴったりです!!
相性がいいので是非試してみて欲しいなぁと。

まず、下準備としては、アボカドはカット後、変色防止の為にレモン汁で和えておいてください。

ベーコンとシメジをオリーブ油で炒めます。
ベーコンは、ごろごろ感があった方が美味しいかと。



ここに少量の水、コンソメ、そして生クリームを入れます。
とろみが欲しい場合、ホワイトソースを作らなくてもOK。少量の水で溶いた小麦粉を足すといいですよ。



飾り用のアボカド(3~4個)はよけておいて、残りをソース加えます。
この時、味をみて、足りないようであれば塩コショウ等で調整してください。



出来上がったソースに茹でたパスタを入れ、和えます。


お皿に盛り、飾り用にとっておいたアボカド、貝割れ大根(水菜もいいですね。)を添えたら完成であります。
d0129601_1912395.jpg

パスタ以外では・・・シチューですね。
今回はクラムチャウダーを作ってみました~!!
ミルクよりコクとまろやかさが出て美味しいですよ。
d0129601_19131296.jpg


d0129601_2083482.jpgその他に、これ!!
市販されているアップパーイ!! ヽ(´∀`)ノ

このまま食べても美味しいのですが、ちょっと味気ないですよねぇ。
なので、ちょっと一工夫。
アップルパイをトースター、魚焼きグリル等でぱりっと焼きます。
それをお皿に盛って、別で泡立てた砂糖無しのクリームをぽん。
d0129601_19144195.jpg
どうですか?市販されているものなのに、ちょっとだけ豪華に見えますよね。
もし、林檎ジャムとかあったら一緒に添えるのもいいかもです。

実は、これ、ちょうどいい機会だったので、英会話教室の先生にも聞いて、教えてもらったものなのです。
パンプキンパイとかもお勧めだそうですよ。 d(>w<)

今回、こうやって色々と使ってみたのですが、ホントさっぱりとしているので、色々と幅が広がって楽しいです。
皆さんも是非試してみてくださいね。

あ・・・因みにどうしても使いきれない場合、砂糖をいれずそのまま泡立て、一口大に絞り出して冷凍してみてください。
凍れば、袋にいれてまとめて管理できますしね。
私は一粒10gで作っています。そうするとカロリー計算等楽なので。
てか・・・絞り金で綺麗に絞り出せば、見た目がよかったかなw
d0129601_19153220.jpg
珈琲・紅茶に入れたり、スープ等に落としてみるのもいいと思いますよ。
[PR]
by nonchan0417 | 2015-06-02 20:19 | ちょっぷる的懸賞日記 | Comments(0)